広島市中工場の夜桜と夜景


先日に引き続き、今回は20時ごろに広島市中工場の夜桜を見に行きました。

中工場自体は16:30までですが、緑地帯は夜遅くまで入れます。

緑地帯の駐車場は22時までですが、何台か停まっていました。

夜にはあまりいく事がなく、2017年の宇品の花火大会以来でした。

広島港(宇品港)みなとみらい花火大会は、20時から21時までですが、中工場は22時まで駐車場が空いている為、ゆっくりと帰ることができます。

(と言っても、満車ですが…。)

駐車場前の道路幅も広く入らなかった車は駐車していたりします。

トイレは緑地内にありますが、案の定行列が出来ていました。

それ以外は、結構スペースがある為、ゆったりとした時間を過ごすことができました。

宇品に住んでいた時は家のベランダから見たりもしました。

ゆめタウン皆実やみゆきでも見れます。

ただ、交通規制などを考えると、南区を超えて中区にある中工場は西方面に帰るのなら、ラクです。

2017年の宇品の花火大会の時の事はこちらで書いています。

2018年の広島港みなとみらい花火大会は7月28日に開催されます

毎年7月の終わり頃です。

さて、お花見のお話に戻ります。

怪しく光る中工場。

照明は、あったのですが、全体的に暗かったです。

肝試しできそうな感じでした。

夏場とは違って真っ暗で、桜もあまり見えず。。。(写真右奥)

夜景は綺麗でした。

夜釣りをしている人や犬の散歩をしている人もチラホラ…。

愛を語り合うカップルも…。

対岸では、船が輝いています。

写真で少し明るく加工してありますが、桜並木です。

フラッシュの光は遠くに届かず…近くで撮りました。

ほとんど見えませんでした。

満開です。

感想

やっぱり中工場の桜でお花見する時は、昼間に限る!

(以前中工場のエコリウム見学やお昼にお花見に行った時のブログはこちらです。)

レジャーシートが無くても、座るところもチラホラあるので、日向ぼっこも楽しめます。

遊具などはありませんが、子どもとはボール遊びや釣りをしたり(水質についてはよくわかりませんが)、工場の緑地の奥の方にあるちょっとした斜面を登って足を鍛えたり、定期的に通り過ぎる船を見たりしてのんびりゆったりした時間を過ごせます。

駐車場を出れば、徒歩5分圏内で近くにコンビニや自動販売機もあるため、食べ物や飲み物を用意するのを忘れても、ちょっとしたものを買えるのもいいですね。

広島市中工場はこちら

↓↓

#お花見 #広島市環境局中工場 #緑地 #夜桜 #桜 #花火大会 #2017 #2018 #広島港みなとみらい花火大会

閲覧数:63回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コンプレックスの塊である私。 やりたい事に賛成してもらえないと不安な気持ちになり、物事をやり通せなかったりする。 時にはその不安に打ち勝って物事を進めることができるんだけれど、ごく稀だ。 コンプレックスは外見だったり、学歴だったり、人と比べてしまうことで起こる。 先日、おひとりさまでピエール・エルメ監修のスペシャルアフタヌーンティーに行ってきた。 ずっとフランスに行ってみたくて、だけど、家族を置い

人参、小松菜、水菜、キャベツ、ブロッコリーなどリボベジ(再生野菜)をやっています。 いくつか萎れてダメになったりしましたが、上記の野菜はうまく再生されている途中です。 キャベツには虫がついてしまっているので、ちょっと難しいですが、結球するかどうかみたいので、そのままにしています。 基本的に自然に任せているのですが、時々気が向いたらお水をあげています。 再生野菜も切る場所によってはうまく成長できたり

仕事をやる上で考えたいのが生産性。 フリーランスや在宅ワークだと、生産性への意識が下がってしまうことってありますよね。 時間があれば常に仕事のことを考えて、仕事もプライベートも関係なく仕事をしたり・・・。 時間を気にしなければ、仕事に凝れば凝るほどいいものはできるでしょう。 自分の中の100%を出し切るとちょっとした爽快感も味わえます。 仕事に対しては満足している、だけどお金が伴ってこない・・・な